和味文化研究所 岡本肇

ショッピングはこちら

笑ってるうちに元気が出てくる。

岡本肇作品一覧|OKAMOTO HAJIME

作家 岡本肇 プロフィール

1942年 大阪に生まれる。
空間プロデューサーとして活躍。
1986年、中国・吉林省との文化交流で蒙刻、書を学ぶ。
1991年に(有)和味文化研究所を設立し、新鮮な和風感覚での生活道具や
生活雑貨商品を企画。
1998年、猫のキャラクター「Kabamaru」をデビューさせ、
2007年にKabamaruと7匹の猫たちの気ままな生き方を描いたエッセイ
『猫だより 笑ったぶんだけ楽しくなれる。』(小学館)を出版。
カレンダーをはじめキャラクター商品が人気を博す。
多年にわたり、水墨書画作品展を全国各地で開催。
また、和風小物の商品企画や様々な創作活動を展開中。

水墨書画教室「墨童の会」主宰

作家 岡本肇
作家 岡本肇

●作家よりひとこと

私は、自身の絵を「水墨ポップアート」と言っております。
長きにわたり描き継がれてきた伝統の素材を、ポップアートという
捉え方で表現しています。
それは例えば、「七福神」や「富士山」であったり、
「達磨」であったり、はたまた「招き猫」であったり・・・。
素材目線からのメッセージと共に、招福のおもいを筆に託し、
描いております。

What's New

作品展情報

昨年度に引き続き、2017年度の作品展も多数開催を予定しております。
逐次ご案内をさせて頂きますので、今しばらく、お待ちくださいませ。

Kabamaruラインスタンプ発売中!